ユーチューバーニュース

ユーチューバーについてのまとめ記事を作成しております
ヒカル、ラファエル、ヒカキン、セイキン、シバター、はじめしゃちょー、フィッシャーズ、木下ゆうか、東海オンエア、水溜まりボンド、ワタナベマホト、禁断ボーイズ、スカイピース、すしらーめん、しばなん、キッズライン
お時間がある方は是非、読まれてみて下さい


    ピン子(いずみ ピンこ、1947年9月11日 - )は、日本の女優、コメディアン、漫談家、歌手。東京都中央区銀座出身。静岡県熱海市在住。所属はpi企画株式会社。血液型はB型。身長154cm。戸籍名:武本 小夜(たけもと さよ)、旧姓:江口(えぐち)。デビュー直後の芸名は三門 マリ子(みかど マリこ)。
    38キロバイト (5,425 語) - 2019年8月30日 (金) 13:27



    (出典 data.smart-flash.jp)


    YouTuberとか似合わないな

    1 ベンガル(東京都) [GB] :2019/09/06(金) 17:08:17.34


    9月16日(月)放送のドラマ特別企画 橋田壽賀子ドラマ「渡る世間は鬼ばかり 3時間スペシャル2019」(夜8:00-10:57、TBS系)。
    平成2年の1990年にスタートした“渡鬼”は、連続シリーズ終了後も多くのファンに愛され、誕生から30年がたとうとしている現在も単発番組として放送が続く国民的ホームドラマだ。

    放送を間近に控え、作家の橋田壽賀子と石井ふく子プロデューサーが囲み取材に応じ、最新作の見どころや番組にかける思いを語った。

    今回のテーマは「世代交代」と「新時代」。中華料理店「幸楽」では五月(泉ピン子)は第一線を退き、娘の愛(吉村涼)たちが店を切り盛りしている。
    居場所のない五月はスマートフォンを購入し、料理動画の配信を始めてYouTuberに。それが評判となり、笑顔が戻る。
    (以下略)

    橋田壽賀子、五月がYouTuberになる“渡鬼”最新作を語る「動画配信のことをすごく勉強しました」 (1/2) | 芸能ニュースならザテレビジョン
    https://thetv.jp/news/detail/203999/


    【〈YouTuber〉泉ピン子がYouTuberに!?】の続きを読む


    はじめしゃちょー(1993年2月14日 - )は、日本のYouTuber。2019年1月現在、日本国内でYouTubeチャンネルの登録者数が最も多い人物。UUUM所属。本名:江田 元(えだ はじめ)。 愛称は、はじめん、もやしなど。血液型はAB型。 1993年2月14日、富山県砺波市にて出生。元気で
    24キロバイト (2,871 語) - 2019年9月6日 (金) 11:15



    (出典 iwiz-cmspf.c.yimg.jp)


    はじめしゃちょーも切れる事はあるんだな

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/09/08(日) 13:18:33.065 ID:jpdwB/nH0.net

    アンチ野郎(一部)に物申す!!!!!

    (出典 Youtube)


    自分のことでは何一つ語れない人々が集う地下施設。それが2ちゃんねる。素晴らしい施設ですね。自分が偉くなったものだと錯覚させてくれるのですから。人の足を引っ張ることに時間を使う人間にだけはなりたくないものです。くわばらくわばら。


    【〈YouTuber〉はじめしゃちょーがアンチにガチギレ】の続きを読む


    ヴァンゆんチャンネルは、日本の2人組YouTuber。 ヴァンビ(7月10日(年齢非公開)- O型) ゆん(1994年12月5日 - O型) youtuberが集まるイベントで何度か会い、そこから仲良くなりコンビ結成。また、10万いいね行ったら交際開始かというネタ動画をあげたこともある。 ゆん
    6キロバイト (537 語) - 2019年9月4日 (水) 03:40



    (出典 i.ytimg.com)


    是非、頑張って欲しいです

    1 ひかり ★ :2019/09/04(水) 06:12:28.97

     チャンネル登録者数150万人を超えるYouTuberコンビ・ヴァンゆんが、芸能事務所大手の太田プロダクションに所属することが2日、わかった。
    登録者100万人を超える人気YouTuberが大手の芸能事務所に所属するのは初となる。

     イケメン&美女のコンビとして知られており、公式チャンネルの「ヴァンゆんチャンネル」は総再生回数5億5千万回(※19年8月31日時点)を
    超えている。

     有吉弘行、指原莉乃ら幅広い人気タレントを擁する太田プロ入りを決めた理由についてヴァンビは「そもそものきっかけは、相方である、
    ゆんちゃんの夢が『芸能界でマルチに活躍するタレントになりたい!』ということだったんです。インフルエンサーとしての実力を、YouTubeでつけて、
    いざ芸能界へ!という感じです。相方の夢を叶えることが、とりあえず僕の目標です」と掲げた。

     一方のゆんは「まだ、YouTuberやネットを拠点にして活躍するインフルエンサーというお仕事自体が、世の中であまり認知されておらず、
    このインフルエンサーというお仕事を認め、理解してくださる方がまだまだ少ない中、太田プロさんは『それ面白い!』
    『いいね!すごいね!やろうやろう!』って、一緒に熱くなってワクワクしてくれるところが素敵だな、、と感じ『ここだ!』と決めました」と、
    事務所の心意気に魅力を感じたようだ。

     ヴァンビにこれから太田プロで挑戦していきたいことを聞くと「YouTubeという枠だけに囚われず、様々なメディアで活躍できるインフルエンサーに
    なりたいです!」と意気込み。「YouTubeでは、基本的に相方と二人で撮って表現することが多いんですけど、せっかく芸能界に飛び込むなら、
    大人を沢山巻き込んで壮大な企画をやりたいです!何かのギネス記録を狙うとか!!」とぶち上げた。

     ゆんも「私たち2人共が現状維持じゃ満足できない性格ということもあり、これからはYouTuberとして活動し続けるのはもちろん、
    更に上へ飛躍するために、ネットという枠を超えて、テレビや芸能のお仕事も積極的に頑張っていきたいです」と多方面での活動を目指し、
    「YouTubeを観ない年代の方々にも、私たちが火付け役となって、幅広く知ってもらい、インフルエンサー業界をもっともっと良い意味で刺激し、
    盛り上げていけたらいいなと思います」と展望した。

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190904-00000311-oric-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【〈YouTuber〉ヴァンゆんが大手芸能事務所に所属!!】の続きを読む


    サンシャイン池崎サンシャインいけざき、本名: 池崎 慧〈いけざき さとる〉、1981年10月9日 - )は、日本のお笑い芸人。 鹿児島県鹿屋市出身。ワタナベエンターテインメント所属。 実家はタバコの栽培・製造業。池崎が保育園児の頃、父のタバコの火の不始末で2回、経営していた工場が火事に遭ったこと
    22キロバイト (2,656 語) - 2019年9月4日 (水) 09:52



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    猫ちゃん可愛い

    1 muffin ★ :2019/08/29(木) 22:52:26.71

    https://hochi.news/articles/20190829-OHT1T50130.html
    2019年8月29日 22時0分スポーツ報知

     タレントのサンシャイン池崎(37)がYouTubeチャンネル「ふうちゃんらいちゃんねる」を開設したことが29日、分かった。

     主役は、18年夏に池崎家の一員になった2匹の愛猫の風神(♀、ふうちゃん)、雷神(♂、らいちゃん)。池崎は愛猫のサポート役に回り、配信を盛り上げていく。2匹がかわいい様子を撮影した癒やし動画や、いろいろなことに挑戦する企画動画、猫の仲間を紹介する動画などを配信予定。猫主体のため、台本通りには進まない…であろう、猫次第?のチャンネルになりそうだ。

     チャンネル収入から経費と税金をのぞいた全ての利益を、動物保護活動を行う団体の活動支援に寄付することを決めた。池崎が保護猫団体から譲り受け、2匹と出会ったため、「そのような団体を支援したい」という意向に所属事務所・ワタナベエンターテインメントも賛同し、実現に至った。

     池崎は「このチャンネルは空前絶後のチャリティーチャンネルで、チャンネルの収入から経費と税金を抜いたものを全額、保護猫団体さんや、動物愛護団体さんへ寄付させていただきます。動画内容は、ふうちゃん、らいちゃん主役のただただかわいい動画、YouTube的な企画動画、いろいろな人の猫の動画紹介を考えています。世界最強の猫チャンネルにしていきます。応援よろしくお願いします」とコメントした。

    YouTubeチャンネル「ふうちゃんらいちゃんねる」
    https://www.youtube.com/channel/UCyuyJKfZs2siUQoz5qUR6xg


    (出典 hochi.news)


    (出典 hochi.news)


    【〈YouTuber〉サンシャイン池崎がYouTubeチャンネルを開設!!】の続きを読む


    ゆたぼん(2008年(平成20年)12月12日 - )は、日本のYouTuberである。本名は中村 逞珂(なかむら ゆたか)。 2019年現在小学生であるが、「不登校の自由」を主張しており「小学校は行きたい時に行く」というスタイルを貫いている。大阪府枚方市生まれ、沖縄県在住。自称「少年革命家 ゆたぼん」。
    14キロバイト (1,894 語) - 2019年9月4日 (水) 13:20



    (出典 snjpn.net)


    こわ!

    1 黒(大阪府) [US] :2019/09/04(水) 04:12:54.14


    小学生ユーチューバーのゆたぼんの父で心理カウンセラーの中村幸也氏のツイッターが、物議を醸している。

    「不登校は不幸じゃない」などの主張で有名となり、“少年革命家”を名乗っているゆたぼん。知名度が伸びるに従い、
    多くのバッシングが集まり、多くのアンチファンを抱えていた。
     そんな中、8月には「ゆたぼんチャンネル登録解除祭り」として、一部ネットユーザーが、8月31日から9月1日になる瞬間に
    ゆたぼんのチャンネル登録を解除しようと呼びかけ。呼びかけ前は8万人弱だったゆたぼんのチャンネル登録者数は
    8月27日には10万人超えとなっていたが、「登録解除祭り」直前にチャンネル登録者数は非公開に。
    現在では再公開しているが、登録者数は約8万3000人となっている。

     しかし、この「登録解除祭り」に、中村氏はツイッターで「こんな事をしながら『学校に行かないと常識が身につかない』」
    「これが日本の学校教育を受けた人たちの成れの果てならマジで学校なんて行く必要ないと思うわ」と苦言。
    その後、アンチファンから届いたバッシングツイートに反応し、ツイッターで「お前みたいに匿名でしか書き込めないカスが
    子どもだったら、こっちが死にたいわ」「消えろ、カス」「お前みたいなゴミにならないから大丈夫だよ」
    「学校に行くのが常識という考え方がすでに非常識」などと反論している。

     しかし、これらの中村氏の発言を「暴言」と取るネットユーザーも多く、「ゆたぼんよりパパさんの方がやばい」
    「心理カウンセラーなのに人に『死にたい』『ゴミ』とか言っていいの?」「もともと印象悪かったのがもっと最悪になった」
    という声が殺到。一方で、「これだけ粘着されれば誰でもキレたくなるかもね」という擁護の声も集まっている。

     6月には「『弱い犬ほどよく吠える』と言うが、自分に自信がない人ほど批判家になる」
    「匿名でしか批判できないアンチは特にそんな人ばかりで哀れですね」などと呟いていた中村氏だが、
    これに対し「ブーメラン」と指摘する声もある。アンチファンと中村氏の攻防はまだ続きそうだ――。

    2019年09月03日 15時08分 リアルライブ
    http://wjn.jp/article/detail/0522890/


    【〈YouTuber〉ゆたぼん父が荒れている】の続きを読む

    このページのトップヘ